イメージ画像

探偵の信頼度

探偵の信頼度は「一度、依頼してみないことには判断や評価ができない」が正直なところと言えます。
ましてや調査した内容を公表する依頼人は通常は存在しませんからネット上で見かける探偵の「評価や評判・ランキング」などは「自作自演であるか広告」である可能性が非常に高いと判断ができるのです。
何を信じて探偵を選択しても結果「自己責任」ですので「選んだ情報元が信頼できる情報元であるか?」は確認を怠らないことが当然となる訳です。
この基準を基に「評価や評判・ランキング」サイトに目を通せたならば「掲載されている探偵」が「信頼度が高い」判断とはならないことに気付くものです。
信頼度が高い探偵に調査を託したい依頼人の気持ちは理解できるのですが、探偵選びの段階で「信頼度が不透明なサイトの情報」を鵜呑みにした探偵に相談、問い合わせをしてしまうことが「信頼度を無視した探偵選び」となるものなのです。

探偵の信頼度の目安は?

探偵に調査依頼するまでには「幾つかのプロセスが必要」となります。
探偵業法に沿った正当な流れで調査委任契約を相談者と結ぶ探偵ならば間違いなく言えることなのです。
それでは流れに沿って「探偵の信頼度」が見え隠れする場面をご説明しますが、まず、ご自身が相談可能な地域を限定して探偵を探しメールや電話で問い合わせ、 「可能な調査であるか?」や「調査を実施するために必要な費用や期間」は最低限伺いを立てるものです。
この時点で「相談者の不安につけこみ調査を急かす人物」や「強引に早期契約から調査費用を前金で請求」する探偵は依頼先として論外であると言えます。
何故?このような探偵業者に依頼してはいけないのか申しあげますと、金銭トラブルが発生しやすい前金を要求している状況や契約を急かして「調査を実施するタイミングを無視している」部分において信頼できない探偵と判断が可能となるからです。
このような探偵を除外してゆくうちに「依頼者に結果を出すために意欲的な相談を実施する探偵」は必ず現れるものです。
相談で調査に必要となる期間や費用が想定内で納得でき、何より「依頼者から得た情報を基に必要最低限の調査を実施する」ことから提案する探偵が信頼度の高い探偵と言えるのです。
この目安にかなわない探偵との調査契約は控え、信頼度の高い探偵と相談ができるまで根気よく複数の探偵に問い合わせることが必要となるのです。

信頼のおける調査料金後払い制

探偵事務所や興信所の調査料金は各社によってもまちまちです。

興信所の調査料金

この点について私は何も言いませんし言えません。
当然、各調査会社によっても得手不得手の調査があるかもしれませんし料金体系もさまざまです。
ただ私は言えるのは探偵事務所、興信所でも前金制を採用しているところには不安が残ります。
どんな状況でも料金を先取りしているということはいい加減な調査をしても、それこそ調査をきちんとしなくても既に料金を貰っていると言うことなのです。
例えば、尾行調査で相手を見逃してしまった、というケース。
後払いの会社は多分、その日の調査料金は請求しないでしょう。
ところが前払いのところは既に支払って貰っているのですから何かと理由をつけて返金しないというところが多いのです。
その為に多くの前金制の調査会社では料金トラブル、返金における訴訟が多いと聞いています。

後払い制の興信所

後払い制の浮気調査

確かに調査会社からの言い分もあります。
調査した料金をきちんと支払ってくれる保証はありません。
なんだかんだとクレームを入れてくる人も希に存在します。
また何日もかけて調査目的を完遂したとしてもその時には必要なくなったと料金の支払いを拒むという人もいます。
しかし、正式に契約し後払いであることで訴訟にしても探偵の勝訴となることは明白です。

このページの先頭へ